menu

始めに

子ども一人ひとりの
将来を考える

ひばり幼稚園は多彩な正課活動や充実した設備や環境など、子どもたちの為に多くの選択肢を用意しています。
そのような環境の中で日々過ごすことで、子ども達は自分で考える力を身に付け、数ある選択肢の中から自分に合ったものを選び成長していきます。
子ども達の無限の可能性を広げるために必要なことは「できた、できなかった」で判断する事ではありません。様々なことを「やってみた」という経験です。
ひばり幼稚園はそのような
「未来の成果に繋がる教育」
を行う幼稚園です。

授業風景
限りない可能性をもっている子どもは日本の未来です。
子どもたちが幸せに感じ、豊かに育っていける環境をひばり幼稚園は常に追求しています。

教育方針

あかるく、すなおに、すこやかに

楽しい幼稚園生活を送りながら子どもたちは豊かな感性を身につけていきます。幼稚園活動を通して、次のようなことを身につけさせたいと考えています。

  • 基本的な生活習慣を身につける
  • 善いこと悪いことの区別がつけられる
  • 生命の大切さに気づく
  • 相手を思いやる心をもつ
  • 友だちの良さを知る
  • 遊びのルールを知る
  • 自然や作ったものの美しさに気づく

教育の5領域

5領域とは文部科学省の定める「幼稚園教育要領」に記された、幼稚園で身につけたい、生きる力の基礎となる心情・意欲・態度などを5つの領域にまとめ示したものです。
子ども達は園生活における教育を通して様々な経験を積み重ねて成長していきます。
その成長の手助けとなるよう、ひばり幼稚園では各領域において精通したアドバイザーが教育の監修を務めています。

園の全ての活動が5領域に通じています

正課活動 課外活動 未就園児教室
幼稚園教育の5つの領域「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」

5領域教育アドバイザー

  • 山口拓洋

    山口拓洋(やまぐち・たくひろ)

    川越ひばり幼稚園 卒園
    東京大学大学院医学系博士課程修了
    現 東北大学大学院医学系研究科医学統計学分野教授

    コメント

    こんにちは。ひばり幼稚園知育アドバイザーの山口拓洋です。
    私は年小からひばり幼稚園に入園しました。父の話ですと入園式の時にはクラスの誰よりも泣いていたそうです…。しかし、保育後には家に帰りたくないと園舎を駆け回る、そんな幼稚園児でした(笑)
    これからの未来を担うひばり幼稚園の子ども達には、「文武両道」を目指し、学問にもスポーツにも通じる人物になってもらいたいと思います。
    又、心の教育という観点から、人の意見をきちんと聞き、自分の意見をしっかり言える人物を目指してほしいです。
    その為に幼児期の教育において大切なことは、よく学んだらよく遊ぶことです。
    遊びを通した様々な経験が、子ども達の豊かな人間性を育てていきます。

  • 福田佳野

    福田佳野(ふくた・よしの)

    川越ひばり幼稚園 卒園
    国立音楽大学 卒業
    幼稚園教諭一種 所持
    中学・高校教諭一種免許(音楽) 所持
    リトミック指導上級資格 所持

    コメント

    「音楽」という豊かな材料を使って、子ども達の興味や関心を引き出すのが私の役割です。それによって個々の音感やリズム感、延いてはコミュニケーション能力の発達が期待できます。
    私はひばり幼稚園を卒園していますが、発表会での遊戯や歌をとにかく楽しみに練習に励んでいたことをよく覚えています。幼稚園での楽しかった思い出を胸に、幼少期からピアノや声楽に慣れ親しみ、高校から音楽の道に進みました。
    音楽は心を豊かにしてくれます。子ども達にとって、音楽が身近な存在となるよう指導していきたいです。

  • 関根豊

    関根豊(せきね・ゆたか)

    日本体育大学体育学科体育学部 卒業
    ロサンゼルスオリンピック器械体操日本代表候補生
    ひばり幼稚園体操講師勤続30年

    コメント

    子ども達は「体操」を通して身体を動かす楽しさ、暑さ・寒さに負けずに元気に遊ぶ習慣や、あきらめずに頑張る力などを身に付けていきます。
    私の子ども達もひばり幼稚園の卒園児ですが、成人を迎えた今でも幼稚園の楽しかったことを話しては笑っています。
    ひばり幼稚園で子ども達に「体操」を教えて30年。
    長年幼児体育に携わる中で感じることは、子ども達の体力の低下です。要因として現代における快適な生活や、屋外で安心して遊べる場所の減少により身体を動かす機会が減ってしまったことが考えられます。
    そんな時代だからこそ、安全な環境で思い切り身体を動かす事ができる、ひばり幼稚園での体操の時間を大切にして指導していきたいと思います。

  • 佐藤弘基

    佐藤弘基(さとう・ひろもと)

    ひばり幼稚園水泳講師勤続20年
    国際武道大学体育学科体育学部 卒業
    体育・保健体育教員資格 所持

    コメント

    子ども達には幼児期のうちに水泳に取り組むことで、水に楽しく慣れ親しむと共に、水の危険性についても学んでもらいたいと思います。
    私がひばり幼稚園でお世話になり、20年が経ちました。
    卒園児達が中学生・高校生になると職場体験に、大学生になると体育実習に、そして、中にはひばり幼稚園の先生としてプールに戻って来てくれる子もいます。
    「あかるく・すなおに・すこやかに」というひばり幼稚園の理念のもと、水泳指導を通して健康的な身体作りや、思いやりのある子ども達に育てていきたいと考えています。

    ※佐藤弘基先生は「おかあさんといっしょ」10代目体操のお兄さん佐藤弘道氏の実弟でもあります。

  • 傳田正行

    傳田正行(でんだ・まさゆき)

    株式会社ミールケア 執行役員 幼保事業部部長
    考食師

    コメント

    食材はどのようにして育つのか、どのように調理しているのか…。
    子ども達の身体を作る「食」について学び、正しい食の知識を身に付けてもらいたいと思います。
    ミールケアは長年に渡り、ひばり幼稚園のお泊り保育のパン作りとディナーの提供を行ってきましたが、これからは「食育」という学びの面からも携わっていきます。
    食は一生ものです。大人になってからも必ず役に立つ、そんな教育を食育を通して行っていきます。

キラリ、こころのつばさ

生まれてまもないひな鳥たちは、
親が運ぶ餌をたくさん食べ、いつの日か、
太陽に向かいまいあがる立派なひばりに成長します。
この園に集まった子どもたちは、
豊かで充実した環境から、さまざまなことを吸収し、
可能性や創造する力を大きく発揮してゆきます。
そんな素敵な力を秘めている子どもたちにとって、
心の栄養をあたえる親鳥でありたいと考える私たちのスローガンは、
”キラリ、こころのつばさ”
この言葉には、あかるく、すなおに、どこまでものびあがって欲しいと願う
私たちの思いが込められています。

ページ
トップ