menu

幼稚園と保育園の違い

小学校へ就学する前の子どもたちが通う場として、
「幼稚園」と「保育園」ではどういった違いがあるのでしょうか。

幼稚園と保育園

「幼稚園」と「保育園」を比べると、管轄する省や施設分類から異なります。
保育園幼稚園
  • 厚生労働省管轄
  • 児童福祉施設
  • 保護者の代わりに保育を行う
  • 保育士(保育士資格)
  • 文部科学省管轄
  • 教育施設
  • 就学前の子どもへ教育を行う
  • 教諭(幼稚園教諭免許)
ひばり幼稚園では標準的な幼稚園教育に留まらず、正課・課外活動の充実や就園前から楽しく学ぶためのプレ教室保育時間終了後の預かり保育など、保護者の方々のライフスタイルを支援する多様な教室もご用意しています。
幼稚園と保育園の違い

ひばり幼稚園との比較

「幼稚園」と「保育園」では、対象となるお子さまの年齢や保育時間のほか、給食の有無も異なっています。 それぞれの標準的な項目内容と、ひばり幼稚園で行っている取り組みを以下に照らし合わせました。

標準的な保育時間
保育園
7時半~18時
(標準8時間)
標準的な幼稚園
9時~14時
(標準4時間)
ひばり幼稚園
★充実した預かり保育
こばと保育(在園児用クラス)
早朝:7時半~8時半
8時半~通常保育
保育終了後:~19時
こばと☆ぷち(未就園児、満2歳児クラス)
7時半~19時
※お好きな時間でご利用いただけます
保育対象
保育園
保護者の事情により保育に欠ける0~1歳児から、小学校入学前まで。
標準的な幼稚園
3歳になった春から小学校入学前まで
(3年保育の場合)
ひばり幼稚園
2歳から小学校入学前まで
(未就園児教室に参加した場合)
★選べる未就園児教室
つばさクラス
2歳児の教育に特化したプレ教室ができました!
たまごきっず
"遊び×学び"の親子教室♪
給食の有無
保育園
義務
標準的な幼稚園
任意
ひばり幼稚園
自園給食実施
★平成29年9月より、自園給食を開始しました!

保育料について

保育園 各家庭の前年度所得により保育料が決定。
幼稚園 全員が同じ額を納める。ただし、保育園と同じく前年度の所得により、数万円~30万円ほどの補助金(就園奨励費)が年に一度国から支払われる。

川越市では幼稚園に通うお子さんの保護者の経済的負担を軽減するため、入園料・保育料を補助する事業を行っています。
詳しくは川越市サイトをご覧ください。川越市以外にお住まいの方も、各市町村のサイトをご確認ください。
就園奨励費について(外部サイト)

まとめ

お子さまの成長基盤となる時期をよりよい環境で過ごせるよう、一人一人に合った育み方を望むことは保護者としてとても自然なことであると私たちは考えます。子どもたちの学びの場として「幼稚園」を選択する場合も、各ご家庭のご事情や、お子さまの性格・特性に合ったカリキュラムであるかを考慮することが最も重要なことです。
ひばり幼稚園は教育の5領域に精通したアドバイザーによる監修を受け、活動のための環境づくりに力をいれた、子どもたちの「未来の成果に繋がる教育」を行う園です。
当園についてご不明点などございましたら、是非一度お気軽にお問い合わせください。

ページ
トップ